<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石

<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石


<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石
もし文字彫りを希望している依頼者が達筆な方の場合におきましては、その方が書いた文字をお墓へ刻むことも出来るようになっています。
さらに文字の色につきましては、金色や銀色、白色、色はつけない、などと多くの中から選ぶことが出来ます。

お墓の文字に色をつける理由としましては、遠くの場所からでも文字が見えやすいというメリットがあるからです。
それとは逆に色をつけない理由についてですが、2〜3年で塗料がハゲてしまい、見た目が悪くなるというデメリットがあるからです。お墓への文字彫り費用というのは、 お題目や戒名さらには家紋などを石に彫る費用のことを言います。
文字彫りというのは石材店が専用機で作成をしていく場合と、石材店との関係のある書道家に作成をしてもらう場合があります。 お墓というのは、まず最初にお墓を建てることとなる雰囲気の良い霊園選びから始めることとなります。
基本的な考え方としましては、交通アクセスの良い場所を選ぶことが一般的となります。




<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石ブログ:21/1/11

1年位前のこと、
あたしの母は背骨の手術をしました。

脊椎管狭さく症という病名でした。
背骨の中の複雑な部分を広げる
繊細な手術だったのだと思います。

心配性の母は何度も手術の方法を疑って、
しつこく確認したり、
無理な注文をしたりしていました。

手術の時、
父親とあたしは、家族控え室で待っていましたが、
なかなか手術は終わりませんでした。

予定時刻を一時間以上過ぎた頃、連絡が来て、
廊下に出ると、手術を担当された主治医の先生が
母のベッドを押して来られたのです。

おそらく、
つい今しがたまで手術に従事されていたその手で、
重いベッドを押してくださっているのです。

病室に戻った母を看護士さんに託すと、
すぐ父親とあたしを呼んでくださり、
手術内容を話してくださいました。

当初予定していなかったけれど、
母も望んでいた顕微鏡を取り入れての手術にしたので、
時間がかかったことなどを、
わかり易く説明してくださいました。

再び病室に戻ると、
だんだん麻酔が取れてきた母に、
確かな物腰で診察をされながらも…

「恐いことは何も起きてませんからね」
とやさしい声をかけてくださっていました。
母は、手術前、ずっと不安を訴えていたのでしょう。

あんな母の態度では、
困らせるだけなのではないかと心配していた私でしたが、
主治医の先生は、母の不安を受け止め、
母の希望を最大限かなえてくださったのですね。

難しい手術を3時間も続けたすぐ後に、
患者や家族への対応と気持ちのケアまでされている…
繊細な手術に使われたであろう手を、
ベッドを運ぶのに使われ、やさしく体質に触れることに使われている…
そんな姿があたしはとても美しいと思いました。

そして、深く感謝しました。

<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石

<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石

★メニュー

<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要
<基礎知識>品質が良く美しい国産の石
<基礎知識>霊園における使用規定は厳守する
<基礎知識>使用権が取り消しになることもある年間管理料の未納
<基礎知識>オプションも用意されている霊園
<基礎知識>お墓をオリジナルで作れる
<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石
<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教など
<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット
<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園の間違えのない選び方