<基礎知識>オプションも用意されている霊園

<基礎知識>オプションも用意されている霊園


<基礎知識>オプションも用意されている霊園
お墓を建てることに必要となる様々なものに9ついての相場価格を把握しておきましょう。
例としまして花立てと花筒で約10,000〜40,000円、そして香炉と線香皿には約15,000〜30,000円となっています。

一般的となる墓地や霊園におけますお墓の総合的な費用としましては、200〜300万円は用意しておく必要があります。
これは数字を見てもらってわかる通り、決して安い買い物というワケではありませんので、霊園選びとお墓そのものを選ぶ時には予算面での検討もしておきましょう。お墓におきましては、墓石以外にも花立てや花筒、さらには香炉、線香皿、水鉢、塔婆立てなど必要なものが多くあります。
さらにこの他にも必要に応じまして墓誌や灯籠などが必要であり、これは素材によっても価格が異なっています。 人生において霊園に足を運ぶことは何度かあるかと思いますが、実際に購入をするとなるといかがでしょうか?
霊園の購入なんて考えたことが無いという人が多いですが、基礎的な知識は知っておく必要があるのです。




<基礎知識>オプションも用意されている霊園ブログ:20/10/26

昨日は、布団に入って2秒でねました。


社会に出るまでに父に言われた言葉に
「学生が終わったらなかなか友達出来ないかもしれないぞ」
というのがあります。

それを聞いた当時のおれはとても淋しく思い、
「大人になると一人で生きれるように強くならなくてはいけないのかな」
と感じていました。

それでも縁というの不思議なものです。

社会人になって、
一度も行ったことがない場所に
仕事での赴任が決まり配属された半年後、
たまたま出会った同業他社の男の子は同郷で共通の友達がいることが
話をしているうちに分かりました。

実家を離れての初めての一人暮らし、
連日淋しさを抱えていたおれ。
連日顔を出す営業先で時折挨拶と言葉を交わす彼…

時々は、
仕事の空いた時間をコーヒーを飲みながら
一緒に過ごすこともありました。

一人実家を離れているおれは、
時折、姉貴の精神疾患が悪化したと親から報告を聞いたり、
実家の金銭的事情の悪化を聞いたり…

おれの心が折れそうになるたびに、
不思議なことに約束をしているわけでもないのに
彼を見つけ少しだけする立ち話…

「調子、どう?」
「まぁまぁかな。そっちは売れてるの?」
「これからや」
「そっか、がんばってね。じゃ。またね」

たったこれだけの会話と彼の笑顔が
もう実家に帰ろうかしら…とくじけそうになるおれを
どれだけ救ったのかなんてこと、きっと彼は判っていない事でしょうね。

この彼と出会い、会うことがなくなった後でも
おれはやっぱり
「一人で生きられるように強くならなくては、
何がなくなっても生きていけるように…」
そんな風に感じていたと思います。

あの人にも、この人にも、
支えられていることに気づきもせずに…

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
<基礎知識>オプションも用意されている霊園

<基礎知識>オプションも用意されている霊園

★メニュー

<基礎知識>価格差のある永代使用料とその概要
<基礎知識>品質が良く美しい国産の石
<基礎知識>霊園における使用規定は厳守する
<基礎知識>使用権が取り消しになることもある年間管理料の未納
<基礎知識>オプションも用意されている霊園
<基礎知識>お墓をオリジナルで作れる
<基礎知識>文字彫り費用が発生する墓石
<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教など
<基礎知識>寺院が霊園を管理している場合のメリット
<基礎知識>建墓の費用は3つの工事費が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)霊園の間違えのない選び方