<基礎知識>霊園における使用規定は厳守する

遺骨の制限としましては、多くの墓地におきましては使用者の親族以外で使用をすることが出来なくなっています。
ですので将来的に第三者の遺骨を埋葬を考えている時には、合祀することが可能かどうかを確認しておきましょう。

 

墓石の指定についてですが民営霊園につきましては墓石を買うこととなる石材店が指定されていることがあります。
そして多くの場合には、使用権を相続人以外の第三者に譲渡させることが規約により制限されていることがあるのでご注意ください。使用者の資格について霊園選びの際に注意をしておかなければいけないことがあります。
宗派や居住地域に制限が決められていたり、お墓の継承者がある時のみなど限られていることがあります。 霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。

エステティシャンcheck!
http://www.dietacademy.jp/sikaku/



<基礎知識>霊園における使用規定は厳守するブログ:20/10/24

あたくし達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたが子供ができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの父母も、
段々と子供の話題を
あたくし達の前で出さないようになっていきました。

当時のあたくしは、実のところ、
子供が欲しいと思っていませんでした。

小さい子供をどう扱っていいかわからなかったし、
何より、子供が生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
子供が欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった父母には
あたくし達子供の面倒をみる余裕がありませんでした。

それを子供心に
「父母に愛されていないあたくしは、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
子供を愛さない父母はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
子供達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分の子供がいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
子供を妊娠したと妻から報告を受けたのは…

妻は電話口で泣いていました。
今振り返れば、妻もまた、あたくしと同じように自分を責めていて、
あたくしの思いは知らぬ間に妻の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。